シンボリックリンクの利用例として私の環境を公開

ListUpSymLink の実行結果です。コメント入れています。

// システムドライブの容量を空けるため
C:\Program Files (x86)\Android
C:\Program Files (x86)\Windows Kits\10\Emulation
C:\Windows\Installer\$PatchCache$

// システムが壊れてもデータを安全に保管するため
C:\Users\xxx\AppData\Roaming\Skype
C:\Users\xxx\Documents\My Macros
C:\Users\xxx\Documents\Office のカスタム テンプレート
C:\Users\xxx\Documents\OneNote ノートブック
C:\Users\xxx\Documents\Outlook ファイル
C:\Users\xxx\Documents\Visual Studio 2008
C:\Users\xxx\Documents\Visual Studio 2010
C:\Users\xxx\Documents\Visual Studio 2013
C:\Users\xxx\Documents\Visual Studio 2015
C:\Users\xxx\Documents\個人用図形
C:\Users\xxx\Music\iTunes
C:\Users\xxx\Music\WMP
C:\Users\xxx\Pictures\Picture
C:\Users\xxx\Videos\Video

// エンコードした音楽ファイルを簡単に iTunes に放り込むため
F:\EncodeTo\Music\iTunes に自動的に追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です