システムドライブの空き容量とシステムの保護

ここの所、BizSpark から入手した Office やら Visual Studio をインストール・アンインストールしています。

インストール・アンインストール前は、システムの空き容量が約 110GB。後は約 80GB。

何でこんなに減るの?

Office は 2016 を入れる前に 2007 をアンインストールした。
Visual Studio は 2015 を入れる前に 2010, 2012, 2013 をアンインストールした。

容量的に 30GB も減ってるのおかしいよね?

2~3日、悶々としながら過ごしたけど、なんらかのきっかけで(忘れた)「システムの保護」を開いてビックリ!

out

システムドライブが有効になってる~(上記画像は無効にした状態)

早速無効にしたところ、システムドライブの空き容量が 100GB まで 20GB も増えた!
恐るべし「システムの保護」!

私はシステムドライブのバックアップを毎日 Acronis で作成しており、システムの保護機能を特に必要としない環境を作っているので、ずっと無効で使ってきた。

だが、いつの間にか有効に切り替わっていたという現実。色々ありますねぇ

ディスク容量が足りなくて困っている方もシステムの保護を一旦無効として再度有効にするだけで空き容量が増える可能性大です。一度試してみてはいかがでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です